通信機器のこと

通信機器のこと : 無線機のこと

無線機とは?

無線機とは、電波を使って、アンテナなしで相手とコミュニケーションをとる機器のことです。そのため、さまざまな場所で活用されているんですよ!!例えば、よく見かけるのはタクシーの運転手がよく本部等と連絡をとるのに使っているものがありますよね。あれは無線機です。無線機は、使うための免許が必要だということを知っていましたか?日本では、無線免許を取得した人のみが無線機を使えることが決まっているんですよ。

無線機の活用の場

無線機はさまざまな場所で活用されています。特によく見かけるのが、タクシーの中です。よく見てみると運転席の横に何か通信機器がありますよね。それが無線機です。タクシーの運転手は、この無線機を使ってお客さんの依頼を受けています。ほとんどが、タクシーを乗るためには道路側に出て、タクシーを見つけ手をあげると空席の場合は乗ることができますよね。でも、まったくタクシーの気配がないような場所でも、電話をするとタクシーはその場まで駆けつけてくれます。その電話での依頼を、各運転手に伝えるために使われているのが無線機です。無線機は、タクシーにとってなくてはならない存在です。

次に、無線機がよく使われている場所のひとつに飲食店があります。大型チェーン店などの飲食店では、広い規模のお店が多くあります。そのため、お客さんの出入りをスタッフ全員がなかなか把握しにくい場合があります。そんなときに使われているのが、無線機です。よく、お店への呼び込みのために外に出ているスタッフが無線機を持っているのを見かけます。「何名さま大丈夫ですか?」などと、テーブルの空きの確認などを行っているのを見かけたことありませんか?また、厨房から出来上がりの料理を持っていくよう、スタッフに呼びかける際にも無線機を使っています。「何番テーブルのステーキできあがりました」などと、料理をすばやく出すように指示をだしています。

このように、無線機は多くの場所で活用されています。無線機があるおかげで、大型店舗や、タクシー、警備員などさまざまなビジネスがスムーズに行われるようになったようです。

無線免許

無線機を使うためには、免許が必要だということを知っていましたか?免許の申請を行わなければ、無線機を使うことはできません。もしも、申請なしで無線機を使った場合は、電波法違反で罰せられてしまいます。無線機を活用したい!とお考えであれば、必ず免許の申請を行いましょう!!

無線免許を申請する場合は、まずは、申請書類を作成しなければなりません。そして、その申請書類を、総務省総合通信局へ提出し、認められた場合のみ免許状が発行されます。この免許申請には印紙代、手数料、陸上無線協会負担金の費用が必要となります。また、そのほかにも、電波利用料というものを支払わなければなりません。

recommend

@nifty
タラバ蟹 通販

最終更新日:2015/1/15