通信機器のこと

通信機器のこと : 盗聴のこと

盗聴に気をつけよう!

通信機器と切っても切り離せない問題が、盗聴です。盗聴器は普通に2万円台からでも購入できることもあり、その被害にあっている方が多くいます。盗聴器には十分に気を付けましょう。

盗聴器が仕掛けやすい状況

盗聴器は、そのほとんどが室内に仕掛けられます。そのため、仕掛けられやすい状況は、やはり人の出入りが多い部屋は仕掛けられやすいと言えるでしょう。また、ストーカーらしき人につきまとわれている方や、部屋に誰かが侵入した形跡がある場合は、仕掛けられている可能性があります。

盗聴されている可能性のある現象

盗聴器が仕掛けられると、電話をしていると雑音が入るという現象が起きやすくなります。また、テレビの画がジラジラすることが多くなったり、いたずら電話がよくかかってくるようになったりすることがあります。その他に、電話代が高くなっている場合や、よく家の周りに不審人物や、スモーク張りの車を見かけるようになることもあります。

最近、こんな現象が多くなっている場合は、もしかしたら盗聴されている可能性があります。不安に感じたら、すぐに警察や、盗聴器発見業者へ相談しましょう。盗聴は立派な犯罪ですので、厳しく取り締まってもらいましょう。

よく盗聴器が仕掛けられる場所

盗聴器は、よく机の周りや、三叉コンセントなどに仕掛けられている場合があります。また、タンスの裏や、電話機の内部、花瓶の中やエアコンの上など死角になる部分に仕掛けられる場合が多いようですので、死角になっている部分をチェックしましょう。

その他にも、電卓や、置き時計、ボールペンなどにも盗聴器が仕掛けられている場合があります。最近知らない人からの贈り物で、そういった物はありませんでしたか?ぬいぐるみなどの中にも盗聴器を隠して、送りつけるケースもあるようですので、十分注意しましょう。知らない人からの贈り物は、受け取らないようにしましょう!!

おすすめWEBサイト 5選

BIGLOBE
http://www.biglobe
BIGLOBE
http://www.biglobe.ne.jp/

Last update:2014/12/19