通信機器のこと

通信機器のこと : トランシーバーのこと

トランシーバーとは?

トランシーバーとは、無線機同様、アンテナなしで電波を使って、コミュニケーションをとることができます。無線機のように送信機と受信機が分かれていないので、ひとつで送受信が可能となっています。また、このトランシーバーも免許が必要となりますが、今は特定小電力トランシーバーというものがあります。これは、免許を必要とはしませんので、誰でも活用することができます。

特定小電力トランシーバー

トランシーバーなどの無線機は、一般的には、無線免許が必要となります。しかし、この特定小電力トランシーバーの場合は、免許の申請や、資格などが必要ありません。また、特定小電力トランシーバーは、無害で安全な電波を使ってコミュニケーションをとる機器です。そのため、誰もが簡単に使うことのできるトランシーバーとして、最近よく活用されています。

特定小電力トランシーバーは市街地ですと、約100〜200mほどの範囲内のみでしか使用できませんが、見通しのいい郊外でしたら、約1〜2kmの範囲内で使うことができます。そのため、スキー場などでもよく活用されているようです。

また、トランシーバーは、一対一の通話も可能ですし、多数の人にも呼びかけることも可能です。そのため、同時に多くの人へ伝える必要があるときなどは便利ですよね。例えば、式場などでのサプライズのときや、レジャー施設でのトラブルのとき等、さまざまな場で活用することができます。ただ、一度に多数の人へ伝えることはできても、多数の人が一度に話すことはできません。もし、同時に話してしまうと、声が途切れたり、被ったりすることがありますので、注意しましょう。

特定小電力トランシーバーの使い方

トランシーバーの使い方は、いたって簡単です。話したいときは、ボタンを押しながら話します。また、相手の声を聞きたい場合は、ボタンを離していると聞くことができます。そのため、タイミングがずれてしまうと、相手の声が聞こえなくなってしまうので注意が必要です。よくトランシーバーを使う人は、「○○○です。どうぞ」などと言いますよね。これは、相手にもタイミングをわかりやすくするトランシーバーならではの使い方です。この言葉をよく子供のころマネしたことありませんか?

特定小電力トランシーバーの活用の場

特定小電力トランシーバーはさまざまな場で活用されています。例えば、飲食店や居酒屋、百貨店などのショップ、美容室やクレーン作業などをする工事現場、イベント会場やアミューズメントパークなど、本当に幅広い場で活用されています。

トランシーバーには、固定器やポーダブル機、ハンディ機などのさまざまな種類があります。その中でもとくに利用されているのは、やはり、ハンディ機ではないでしょうか。トランシーバーが活用されている場の多くは、屋外であったり、よく動いて作業している場が多いですので、持ち運びに便利なハンディ機のほうが好評のようですよ。

注目サイト

朝日新聞
http://www.asahi.com/

最終更新日:2014/12/19